テーマパーク系ホテル 栃木県のホテル 自然や動物と触れ合える宿

ホテルツインリンクは乗り物好きの子供にお勧めの穴場ホテルだった!(栃木県)

更新日:

栃木県の茂木町にあるサーキット場、ツインリンクもてぎの中にあるホテルツインリンクが、実は子供がとっても喜ぶ、結構穴場のホテルなんです(#^^#)

ホテルツインリンク

サーキット観戦で泊まる人も多いのですが、実はサーキット観戦だけでなく、子供が喜ぶいろんな施設が併設されています。
子連れで行く、ホテルツインリンクの楽しみ方をまとめてみました。

乗り物好きな子供にはモビパークが最高!

ホテルツインリンクのモトレーサー

コーナリングまで楽しめるモトレーサー

まずはモビパークが併設。
これ、遊園地なんですが、自分で運転する乗物系に特化した遊園地なんです!

バイクや車の乗物がたくさんです(#^^#)
(逆に普通の遊園地の乗物みたいなのはありませんが・・・。)

おもしろそうなのをいくつか紹介!

ツインリンクもてぎのモーターサイクルトレーニング

3歳から可能なモーターサイクルトレーニング

まずはモーターサイクルトレーニング。
なんと、補助輪なしの自転車に乗れるなら3歳から一人で乗ることも可能!

 

ツインリンクもてぎのアクロエックス

みんなで乗れるアクロエックス

それからみんなで乗れるアクロエックス。
本物の車みたいな乗物で、水の中やデコボコ道、橋の上を通り、得点をGET!
高得点だと写真入りライセンスを作れます!
(小さい子供も付き添いありでOK)

 

ツインリンクもてぎのモトレーサー

本格的なバイクで大興奮のモトレーサー

モトレーサーは本格的なバイクアトラクション
アクセルを操作してスピードをコントロールし、コーナリングも出来て、ラップタイムを競えます。
(小学校3年生以上)

 

ツインリンクもてぎのドリームカート

最高速度20kmのドリームカート

最高速度20Kmの本格的カートなのに、子供でも乗れるのが嬉しいドリームカート
上手に運転できるとドリームライセンスがもらえちゃいます。
このドリームライセンスを持っていれば、チャレンジカートに挑戦出来ちゃうんです(#^^#)
(身長135cm以上)

だいたいどれも、タイムが競えたり得点が出たりするので、子供のチャレンジ精神がくすぐられそう。
兄弟やパパとも楽しく競争出来て飽きずに遊べそうですよね。

しかも、ライセンスを取得すれば次の乗物にチャレンジ出来たりするので、これまた子供だけでなくパパも夢中になりそうです。

ホテルツインリンクのチャレンジカート

ドリームライセンスがあれば挑戦できるチャレンジカート

例えばドリームカートでうまく運転出来ればドリームライセンス取得。
ドリームライセンスを持っていればチャレンジカートに挑戦することが出来、基準タイムをクリアできれば今度はBライセンスを取得。
Bライセンスを持っていればレーシングカートに挑戦できる・・・。

こんな感じで、どんどんランクアップしていく感じが、子供にも大人にもはまりそう(笑)

車やバイク好きのパパや子供にはたまらないですね~(#^^#)

森感覚アスレチックDOKIDOKIと迷宮森殿ITADAKI

ツインリンクもてぎのアスレチック

こちらが森感覚アスレチックDOKIDOKI

モビパークは乗物だけではありません。

最近オープンしたアスレチックと立体迷路がすごいんです(#^^#)

ツインリンクもてぎの立体迷路

こっちは迷宮森殿ITADAKI

両方とも森の中みたいなアスレチックと立体迷路なんだけど、アスレチック内や迷路内には大きなハチやダンゴムシ、ヘビやどんぐりなど、まるで自分が小さくなって森の中にいるみたいな仕掛けがたくさん!

ツインリンクもてぎの立体迷路2

立体迷路内。こんなのすごい楽しそうですよね~(#^^#)

普通のアスレチックや迷路より子供が喜ぶのは間違いなしです!

これは本当に楽しそうで、実は私も行ってみたい!
関西にあればいいのに・・・と切実に思っています(笑)

虫や生き物好きな子供ならジップラインも楽しめるハローウッズが最高!

ホテルツインリンクのハローウッズ

ハローウッズ内の吊り橋

そして、ツインリンクもてぎはサーキットと遊園地だけではありません。
ハローウッズという森があるんです(#^^#)

一番人気のジップライン

ホテルツインリンクのジップライン(ムササビ)

こっちがムササビ。森の中を通り抜けます!

ここ、ジップラインが人気で、つばさとムササビという2種類のジップラインがあるんですが、混雑時には午前中で定員に達してしまうこともあるとか
混雑時には整理券を配布しているらしく、口コミでも整理券の配布にならんだり、その後ジップラインの受付に並んだりと、結構な待ち時間だったとの情報も。

ただし、それでもやって良かったという口コミばかりなんですよ~(#^^#)

価格もかなり良心的だし(安い方で1300円)、丁寧に指導してくれるらしいし(だからこそ結構時間がかかるとか・・・)、本当におすすめのジップラインのようです。

ただし、体重制限(35kg以上)があったり、身長制限(135cm以上で小学4年生以上)があったりするので、小学校低学年では厳しいかな。
事前に要チェックです(^^)

森の中には自然や遊具がいろいろ

ホテルツインリンクのミズスマシノ沢

これがミズスマシノ沢

ハローウッズの中には他にも自然がいっぱいでいろいろな遊具もあります。

吊り橋やブランコ、森の中を滑るすべり台やじゃぶじゃぶ池、生き物が見つかるミズスマシの沢などなど。
自然の中で思い切り遊ぶことが出来るようになっています。

森の中には生き物もたくさんいるみたいで、モモンガやハクビシン、野ウサギや野鳥などが見られるようです。
もちろん夏場は昆虫もたくさん!
トンボやチョウチョはもちろん、カブトムシやクワガタムシもいるみたいですよ(#^^#)

虫好きの子供にもたまりませんね~。

ちなみに、ガイドと一緒に森に出かける自然体験プログラムや、モノづくりプログラムもあるので、そういったのに参加してみるのも楽しいかもしれません(#^^#)

ホテルツインリンクは食事が高評価

そんな森や遊園地に隣接しているホテルツインリンクですが、ホテル自体も高評価です。

食事が美味しい

ホテルツインリンクのバイキング

地元の野菜をふんだんに使っているお料理が人気!

一番高評価なのが食事。
時期によってバイキングの時とプレートの時があるようですが、とにかく食事が美味しいらしいです。

特に新鮮な野菜が結構たくさん使われているようで、無農薬野菜のコーナーがあったり、五穀米があったり、黒酢やザクロのドリンクがあったりと、結構健康志向的なメニューも多いようです。
もちろんお肉メニューもあり、ステーキも美味しいらしいですよ(#^^#)

後は、時期やプランにもよるのかもしれませんが、子供にコールドストーンアイスのデザートが出てきたとの口コミが多く、これがかなり美味しいそうです。

もちろんキッズメニュー等も充実しているようなので、食事に関しては家族みんなが満足できること間違いなしですね~☆

ただし、繁忙期だけかもしれませんが、夕食バイキングは17時半と19時半しか選べなくて、19時半は料理がなくなりがちとの情報も。
もし時間帯が限られているなら17時半がおすすめだそうです(#^^#)

パスポート付のプランがお得

ホテルツインリンクの宿泊プランは、モビパークのパスポートが付いているものが多いのですが、このパスポートがかなりお得なんです(#^^#)
モビパークの乗物はほとんどがパスポート対象。
立体迷路ITADAKIやアスレチックDOKIDOKIだってパスポート対象なんですよ!

本格的なチャレンジカートやレーシングカートはさすがに対象外ですが、まあこの辺りはそもそも年齢制限やライセンスの制限等があるので、なかなか子供が乗るのは難しそうだし・・・。

そしてなんと、ハローウッズ内のメガジップラインつばさもパスポート対象なんです!!
 これってかなり良心的じゃないですか?

ということで、子供ががんがん遊べる年齢ならパスポート付がおすすめだそうです。
(超繁忙期は待ち時間が発生するので微妙かも・・・。)

小さいホテルだからこそのストレスなしが嬉しい

それと、ホテルツインリンクは125室と、そんなに大きなホテルではありません。
その為、待ち時間が・・・なんて口コミが本当に見当たりません

お風呂にしろ食事にしろチェックインやチェックアウトにしろ、大きなホテルでありがちな待ち時間がほとんどないようです。
これは子連れには本当にありがたいです。

GWやお盆休みとかの超繁忙期って、待ち時間を考えるだけでちょっと憂鬱になってしまいますもんね。

ちなみにモビパークも平日なら本当に乗り放題だそうです(#^^#)
ただしこちらはやっぱり繁忙期は結構待ち時間が発生するとか。
ジップラインもそうですが、遊園地やハローウッズで遊ぶのは平日の方がおすすめのようです。

後はよくあるスタッフへのクレームもとても少ないですね。
ホテルのスタッフは皆さん親切で対応が良いそうです。

つまり、全体的にとてもストレスなく過ごせそうなホテルなんです(#^^#)

個人的には、少し小さめのホテルって私は大好きです。
待ち時間がないこと、移動距離(館内の)が短い事、スタッフの目が行き届いている事(小さくてもスタッフ×なところもありますが・・・)などで、子連れには結構ストレスなく過ごせるので、おすすめだと思いますよ(^^)

ホテルツインリンクの少しだけ残念なポイント

まず立地はイマイチのようです。
インターから少し距離があるので(水戸IC または真岡ICから45分~55分ぐらい)、渋滞すると結構時間がかかるようです。
特にレースが開催されている日は混みあうみたいですね。

レースに興味があれば別ですが、そうでなければレース日を事前にチェックして外して行く方がいいかも。

また、大浴場は宿泊棟とは別のところにあります。
外を通って行かなくてはいけないらしく、寒い日は行くのに少し勇気がいるようです(^^;

ホテルツインリンクのお風呂

新しく出来た大浴場

しかも行くのにフロントを通って行くらしく、ちょっと気を使うみたいですね

でもお風呂自体は新しく出来たので、まだ新しくて清掃もこまめにされているらしく、結構高評価です。
温泉ではないのが少しだけ残念ですけどね。

ということで、全体的に子連れにおすすめのホテルツインリンク。
外で遊ぶのがメインとなるので、時期は春とか秋がおすすめかなあと思います。
冬は森の生き物も少ないし、じゃぶじゃぶ池や沢も遊べないし、夏は遊園地系はちょっと暑すぎて(親が)ぐったりしたりしますもんね・・・(^^;

ちなみに・・・。
関西方面からは非常に遠いですが、実は同じ経営母体なのがサーキットホテルなんです(#^^#)
なので、関西方面の方はサーキットホテル+モートピアがいいかと思います!

関連記事 ⇒ 男の子に大人気の鈴鹿サーキットホテル!その理由と宿泊棟の選び方(三重)

このホテルの口コミや詳しい情報を調べる ⇒ ホテルツインリンク

-テーマパーク系ホテル, 栃木県のホテル, 自然や動物と触れ合える宿

Copyright© 子連れ旅行におすすめの子供が喜ぶホテルを探そう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.